labfut

I study it hard and improve my life, with enjoyment. It will be getting better.

無音

 愛について書こうかとおもたがやめとく。それより、クラシック音楽が室内音楽たりえるのは、休符を大切にしているからで、ジャズやロックやラテン音楽などより無音の部分を音楽としているようだ。もちろん他の音楽も間や休符は大切だ。

 

 さらに、クラッシック音楽は音の広がりを大切にしているように思う。なので、場所に依拠する部分が大きい。車のって窓開けて、クラブ音楽爆音でブンスクブンスクかけてもサマになるけど、アルゲリッチショパン爆音でかけてもセミの声のほうが届く。クラッシック音楽は室内で音の広がりが良いとこで静かに聴くのがいいわけで、別に賢そうに色白で調子のってるわけではないのだなと、理解した。

 一方、室内じゃなく野外で喧しいところでも良く聴ける音楽もたくさんある。音楽は状況による。

 いつでも、どこでもいい音楽なんてことはない。焼きそばとマズルカは相性がわるいし、ビーフシチューとヒップホップは相性が悪い。

 

 シュールてこともあるが。音は全体をなす大切な要素である。あなどってはいけない。

 

 ラブホではどの音楽にするか迷いチャンネルを合わせるのである。いいのがない時は無音である。