labfut

頭の中の整理のためと日々の考察。対話によるアイデアの伸展と行動の拡張を大事にしたい。

できたいヨナ。

 キリスト教ではないとおもいますが、たまに祈ってしまった方が早いのかもしれないと思うことがあります。

 

 色々できてしまう怖さというのを前回かいたのですが、どうやら心理学かなんかではヨナコンプレックスという用語があるらしいです。Wikiってみたんですが、旧約聖書のヨナ書という書から名付けられているらしいです。

 

 ヨナ書のヨナなんですが、ざっくりあらすじをいうと、(これもWikiってます。)預言者ヨナは神からのお告げを人々に言わんと逃げ回ってて、苦難にあっていた。観念して人々に言うたら言うたで、皆さん聞いてくれたけど、結局神のやり方にケチつけて、またひどいめにあわされ、言いくるめられるみたいな話です。

 

 だいぶざっくりですね。

 

 一般的なヨナコンプレックスという語は成功することへの恐怖や逃避をいうらしく、人間はなぜか自らで成功することや、より良くなることを嫌がる精神状態を持ち合わせているらしいです。とにかく様々なチャンスに実はめぐりあっているのに何一つ事をなさい自分はコレだなと切におもうのです。嫌らしいです。僕は。

 

 成功すること、豊かさを手に入れる事、夢を叶えること、自分をよくする事、このポジティブな側面に対して素直に行動に移すことができないのは、おそらくその目標や夢が安直であればあるほどそれにともない恐怖心が大きくなるのでしょう。

 つまりは、夢や目標が叶うのが怖いのです。

 変ですね。人間は。

 

 ゴール前でパスをだしてしまう、昔の柳澤です。シュートうてばいいんですよ。ほんとは。入るのに。そこで後ろにパスしたらあかんのですよね。

 「できる自分」になる事がどうやら怖くて、成功したいという素直な気持ちをひねくれてディスってしまい、「できない自分」から出てこないようにしてるんですね。「できない自分」の方が楽なのかもしれないです。

 何も出来ない自分。を呪うのではなく、できちゃう自分を怖がらずにしれーとやっていきましょう。

人間はやっぱり変です。

できる事への変な抵抗感はそれだったんですね。

 

 ヨナ抜き音階がいいかもしれません。

 

 「できたくない。」とたまに子どもが言うてそうです。「できたい。」方がいいですね。

 

もぎってみる。

 最近、茂木さんの著書を読みマイブームになっている。

 

茂木健一郎『結果を出せる人になる!「すぐやる脳」のつくり方』学研プラス 2015

https://honto.jp/netstore/pd-book_26815415.html

 

  以前より自身にブレーキがやたらかかるのを辛くおもってたんですが、茂木氏もこの脳の抑制力に着目しているようで、著書の中では「脱抑制」を言うていましたが、行動力の妨げは脳による抑制らしいです。すぐ行動にうつるにはこの抑制を一つずつ外していくことが重要らしくて、失敗体験による思考の癖のようなものを取り除くやり方がいいと。

 

 どうやら我々は少し酔っ払いながらの方が色々と行動できるらしい。とはいいませんが、行動できない自分を責めないように抑制を外して行くことは日常生活でも必要なのかもしれません。少しでもいいのでできたことを成功体験として喜ぶこと、そして、また少しだけ成功体験を積み喜ぶこと、その連続が大切なようです。

「できるやん。おれ。状態」です。なにがやねんてはなしなんですけど。

 

 しかし、子どもも大人もブレーキをかけることはありますよね。何でもできてしまう怖さみたいなのはなんなんでしょうか。できることが喜びなんだとシンプルに生きることができればいいですが。なかなか。できてしまう怖さもありますよ。。。

 

 他にエンボディメントとかいうのが気になります。身体論とか行動療法とかの類でしょうか。最近、茂木きになります。

 

 

 

瞋恚を消す。

 瞋恚。これは、ほんま厄介なんです。瞋恚も結局は他者に対する執着によって引き起こされてるのだなとおもいますが、その人に対する執着心が消えれば、その人を思い通りにしようとしなければ、瞋恚もなくなるわけですよね。だからといって根本の執着心は取り除くのは難しいですよ。なかなか、愛のある家族ではそれがうまくいきません。どうしても相手を想い自分がコントロールしようとしてしまいます。子も妻もね。自分自身にも執着し、そして思い通りにしたいとなり、瞋恚がむくむくと湧いてくるわけです。カオナシが怒ったときと同じですよ。孤独からの執着からの瞋恚で欲に取り憑かれて追いかけ回すみたいなことです。しかし、愛あればこそ。形はどうであれ、カオナシもセンを愛していますから。

 

 瞋恚を滅しようとするんですがなかなか怒りが止まずに結果、涙して終了と。上座部仏教のアルボムッレスマナサーラの書籍に涙がでることで、何か解消されることがあるので、泣くことは良いことであるというような内容があったのを思い出し、家でオイオイと泣くのでありました。涙した後は瞋恚からいっとき解放されますが、また別の瞋恚がむくむくと顔を出すので、その怒りを手放していかなければいけません。根本の執着から離れることができれば、泣かなくて済むんですが、、、。

 

 愛しながら執着から離れるのは苦しさが絶えないです。しんどいですね。とりあえず自らの人生や家族の人生に対する愛は残しておこうと思います。より良い人生を送りたいものです。

 

 おしまい。

偉人?

 偉そうな人て要らんなと、最近よく思う。

高慢さというか、自分の能力を下に見られないことだけを考えて生きているのでしょうか、自尊感情が元々ひくいのでしょうか。

 

 家に帰ってたまに偉そうにしてしまうことがあったのを今になって反省しています。自分が優れた人間だということを示したい。その気持ちは誰にでもあります。できるやつだと思われたい。その願望や執着心が偉そうさを産んでいるんでしょう。

 

 偉そうな人が本当に偉くなるためには、偉さそうな部分を捨てることなんだと改めておもいます。ネルソンマンデラとかマハトマガンジーとか偉そうさないですもんね。偉そうにしている時、その人は自分のことしか考えないので結果的にそれ以上偉くならいんですね。

 しかし、むやみやたらに謙虚な姿勢をしようとすれば、自己卑下がでてくるのでそれにも注意しないといけないです。自己卑下も結局は自分のことだけを考えているところから出てきますから、高慢さを消してただありのままを生きるだけで十分ですね。

 

 偉そうさや行き過ぎた自己卑下が現れたら、自分のことだけを考えてしまってると素直に反省する必要がありますね。

 

 他者を思い執着心から抜け出すのは至難の技です。つかれますよ色々。

 

久しぶりに真面目に

 リゾームとツリーというドゥルーズの哲学から引用したような言葉で武士について書かれた本を図書館でかりておりました。

 中世日本の権門体制論を否定した二つの王家論という、また日本史好きをそそる内容だったのですが、少し難解な専門的な部分もあったため流し読みをしました。

 

 で、その哲学用語のリゾームとツリーなんですが。リゾームは横断的、ツリーは縦断的としときましょう。

 リゾームという横の共同体、ツリーという縦の組織形態の違いが武士を武士らしくしていくということみたいです。現在でも縦社会(ツリー)は何かを支配する力を持ち得るわけです。トップダウンボトムアップとかいいますが、結局この主従関係の縦社会の組織を採用している方が戦う奴を作りやすく、シンプルに支配しやすい強固な組織が出来上がるんですね。

 一方で横(リゾーム)は連携による共同体であるがゆえに何か主となる者を必要としない集合になるわけです。自治的というかチームプレーというか、本の中では惣村などがでてきましたが、一向宗の全国的な広がりなどもそれに当たるのでしょうか。つまり主従関係のはっきりしない世界がゆえに利害関係が一致する対等な関係の中で連帯、連携、同じ思想、信仰に価値がでてくるわけです。なにかを支配したり戦ったりするわけではない場合、この横断的組織で十分なんです。

 田畑が荒れず、その土地の農民が豊かに暮らせれば守護や大名などなくとも国は続くわけです。

 

 我々は普段、縦も横もしてるとおもうのですが、どちらがどうか意識しながら生きると少し矛盾にぶつかります。個人的には基本的にリゾームの連携ある共同体としつつ、緩やかな管理、主従があるツリー構造がやり易いのかなと女子が多い中で思うのでした。

 

 がっつり他社と競合するんだー、まけるかー。とパイの奪い合いをするなら完全縦社会にする必要もあるかもしれませんが、その場合、何をどう戦うのかベクトルと大義を明確にし、戦っている人間の生活などの補償、が間違いなく必要となる。それが出来ないのであれば連携・欲望の連鎖・利害一致グループ(リゾーム)を認めるほかないのだと改めて思うのでした。今、縦社会の難しさはその大義のなさと、固定的な価値観の崩壊と構成員の私的な部分に対する補償や配慮のなさよるものですね。

 それから支配される我々も闇雲に縦社会の支配者層を責めることなく、リゾームを張り巡らし連携を深めていく必要性があるのでしょう。自己責任という感覚は御恩と奉公の放棄による副産物なのでしょう。僕は武士になり得ないですね。

相互理解!

  理解してもらえない事を嘆きそうになるけど、諦めらめずに誤解を恐れずに他者と関わりを持つ。この姿勢というのはかなり大切だとここ最近思うのです。円滑なコミュニケーションというのは感応力がいるわけなんでしょうけども、情報のやりとりだけでも十分にコミュニケーションと言えると個人的には思います。

 相手に理解され得ない何かを私たちはしまい込みながら他者と社会的関係を築いていくわけですが、会話一つとっても自分が思う世界と他者が思う世界というのは大きなズレがあるので、それを擦り合わす事がとても疲れる時があるのは事実。それは共通の概念認識という部分集合が少なければ少ないほど、疲れるのだとおもう。外国人との会話なんてそれですよ。

 

「話のわからん人」その人が話し手の場合、その人を理解する必要がでてきますよね。よってそこに対話がおこなわれる場面が現れるのだけど、私たちは実ははじめから双方向に会話できるようになっているはずで、相手を理解しようとするか理解させようとするかの割合で対話に違いが出てくるんだとおもうのです。相手の話を理解しようとしながらは話すのが1番無難な対話形式なんでしょうね。

 

 しかし、時よりすごく理解してもらいたくなることもあるのですよ。大人も子どもも。

 それが他者と大きく隔たりのある思考であればあるほど、ストレスは増えますね。理解され得ないストレス。理解してもらいたい気持ちが強ければ強いほどにそのストレスは大きくなります。言葉、態度すべて使って理解してもらおうと思うのか、はたまた諦めて何にも伝えないか。二者択一の選択に迫られるわけです。

 

 頑張って理解してもらおうと、伝えようと、わかってもらおうと、その姿勢だけでも伝わればいいのかもしれませんね。ほんとうはそこからなのかもしれません。

 しかし、理解され得ない事が多いと他者を諦めがちに生きてしまいそうになりますね。いけないですね。なにせ相互理解が大切です。お互いにてとこがいいですね。

 

フランス語で「tuで話しませんか(おたがいに)?」

On peut se tutoyer.

 

互いにtuの中てのが、いいんですねー。フランス語勉強しよーーと。

普通の話

 コロナに対する緊張感がだれてきてて、多分このまま感染拡大と社会的受容のまま死者数を増やすんだと思います。

 大体1日の感染者数の100分の1人なんで(国によりますが。)感染者数みてても良いんですが死者・重症者にならんようにせなあかんわけで、気がついたらおもてた以上に死者が出るんとちがうでしょうか。来週、再来週が気になります。

 

 て言うてる割に僕なんかは動物園に普通に行くわけで、子どもはリスク少ないので、普通にお出かけ行ける間にいっときたいのです。コロナ禍において政治ができることはたかが知れてるので、我々庶民は病院行かんでいいように風邪ひかんようにすごすしかないですね。

 

 日本にもコロナ感染拡大が容赦なくきました。新しい種のやつもね。目を見開いて生きる他ないです。ヨーロッパなんかは第二、第三派の感染がはじめの比にならん程なので、おそらく今の比にならない状態が日本にもいずれ来るんだと思っています。

 新しい生活についても考えないといけないのかもしれないですね。

はよワクチンできて欲しいところです。

 

 

あ。普通の話。